忍者ブログ
キャッシング情報ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本国では1980年代末期によく知られるようになったが、原型となるビジネスモデルは1970年代から存在する。主にガソリンスタンドの休憩室、健康ランド・スーパー銭湯・フィットネスクラブの休憩・飲食スペースに設けられ、1回あたり100円~200円程度の料金を支払うことにより、10分間程度吸引用の酸素が与えられる。 利用者は備え付けの機材に付いているマスクを鼻に近づけ、マスクから放出される酸素をゆっくりとした呼吸で吸引する。

 

主な作用として、疲労や集中力の回復、眠気の除去がうたわれているが、それを裏付ける科学的な検証は十分行われていない。

 

また、施設によっては芳香剤で酸素に香りづけしてアロマセラピー効果を謳うところもある。芳香剤として精油(「天然オイル」などとも)を用いる場合があるが、アメリカ食品医薬品局は油分の肺への吸入はリポイド肺炎の原因やアレルゲンとなる可能性があるとしており[1][2]、注意が必要である。

 

利用に際しては、いっさいの火気を近づけてはならない。ゆるやかに燃焼するタバコでさえ、通常の空気に比べ多量の酸素が含まれる環境では、激しく燃焼する危険性が高い。利用者本人がタバコを消すのはもちろんのこと、周囲においても火気厳禁である。

 

近年では家庭用酸素濃縮器が電気店で市販されるようになり、自宅でも気軽に酸素吸入が行えるようになった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

男性 健康

PR

レーサーレプリカ全盛時代に、敢えて懐古的なカウルなしのスタイルを前面に押し発売。これがフルカウル以外の選択肢を求めるユーザーに受け爆発的な売れ行きを見せ、ネイキッドというジャンルを生んだ。

 

ゼファー(ZEPHYR)とは英語で西風を意味し、川崎重工業二輪車製造拠点工場の明石から吹く業界への新風となる様にとの願いを込めて名付けられた。

当時既に商標としてのZEPHYRはフォード社が製造する四輪車用として取得していたが、川崎重工業はどうしてもこの新車にZEPHYRと名付けたいためにフォードとの交渉を行い、名称の使用権を得たという経緯がある。

 

国内二輪メーカー四社の製造するオートバイは燃料タンクにメーカーロゴ、サイドカバーに車種名を表記するのが一般的であるが、逆に燃料タンクに『ZEPHYR』、サイドカバーに『KAWASAKI』と表記されたそのデザインも当時は非常に新鮮であった。

 

敢えて自主規制を意識しない馬力設定は、過熱しすぎていたカタログスペック競争に一石を投じることとなり、ユーザーのバイクの選びのスタイルが変わるターニングポイントとなった。

 

また、販売不振から撤退も検討されていた川崎重工業の二輪車事業を、同社の大きな収益源に生まれ変わらせる原動力ともなった。

 

その後は400ccの大ヒットを受け、750ccモデルと、それをも上回る1100ccモデルも発売され、どちらもロングヒット車種となって現在も販売され続けている。いずれも鋼管フレーム、丸目一灯、ノンカウル、空冷直列四気筒エンジン、二本リヤサスなど400ccモデルと同じ仕様で、モデル車種であるZ-2の雰囲気を伝えている。特にZ-2と同じ「ナナハン」である750ccモデルは、丸みを帯びた燃料タンク、カムカバー、テールの造型がZ-2を強く連想させるものになっている。また、Z-1Z-2の雰囲気をより濃くする為、標準仕様のキャストホイールをスポークホイール(チューブタイヤ仕様)に変更し、「KAWASAKI」の立体エンブレム(但しZ-1Z-2のものとは書体が違う)をフュエルタンクに配したゼファー750RS1100RSも一時期併売された。

 

後にZEPHYR400cc)は、他社のネイキッドバイクに対抗するために、4バルブ仕様のZEPHYRχ(ゼファーカイ・399cc53馬力)として発売されたが、2バルブの初代400cc2年程度併売され続けた。

 

750ccモデルは、大型自動二輪の教習車としても用いられている。

 

なお、750ccモデル・1100ccモデルとも、2007年をもって生産終了となる事が決定し、Z-1Z-2の初代モデルを髣髴させるファイヤーボールカラーを纏ったファイナルエディションモデルが販売された。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ゼファー1100

駅構内や街中にある店舗での物品の購入の際にレジで店員にSuicaでの支払いを申告する。店員は、レジ操作・CAT操作など必要な操作を行ってリーダライタを有効化し、購入者が読み取り機にSuicaをタッチさせることで商品金額の引き去りが行われてタッチ音が鳴動する。

自動販売機や食券の券売機の場合は、購入する商品のボタンを先に押してからSuicaをタッチする。チャージ額が商品額を上回っていると、商品金額の引き去りが行われてタッチ音が鳴動し、商品が提供される。なお、商品ボタンを押していない状態でSuicaをタッチすると残高を表示するのみとなる(これは、PASMO事業者の電子マネー対応自動販売機でも同様)。

Suicaは鉄道(自動改札機)での利用と同様に、パスケースなどに入れておいても利用可能である。

店舗などで購入金額に対してチャージ金額(入金額)が不足している場合、不足分は現金に限り決済できる(Suicaを一度に複数枚利用することはできない。因みにサービス開始当初は複数枚使用も可能であった)。ただし入金額が不足している場合、Suicaでの決済を認めず全額を現金で支払う事を求めている店舗も一部に存在する。

券売機で履歴印字した場合、「種別」が『物販』となり、「月日」「残額」が印字され利用駅は空白である。残額の差額から何月何日にいくら分のものを本サービスで買ったかはわかるがそれ以上はわからない。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

スルガ銀行

REITReal Estate Investment Trust)は、不動産投資信託と訳され、また、リートと呼ばれる投資信託の一種である。

 

REIT1960年にアメリカ合衆国で、また日本では2001年に導入された。信託を導管(SPVと呼ばれる)として二重課税を回避する商品となっている。形式には契約型と会社型の二つがありうるが、日米とも多くは会社型で上場されている。株式会社の株式に相当する投資口を時価で市場で購入することができる。このほか社債の発行を行うこともある。このほか銀行など金融機関から融資を受けることもある。このようにして証券市場を通じて投資家から集めた資金と銀行など金融機関から借り入れた資金を、オフィスビルを始めとする不動産などに投資し、売買益や賃借料などの収益を投資口を購入した投資家に分配する形態をとる。

REITの対象不動産に関する収益の確保、運営、管理、改修・模様替工事等の統括的なマネジメントを具体的に行っているのが、ビルマネジメント(ビルマネ)事業、またはプロパティマネジメント(PM)事業であり、REITの将来的な価値を評価する上で重要である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

モビット

インターネットは情報を瞬時に相互に伝達し、詳細に閲覧できる性質を持ち、金融取引との親和性は高い。このような特性から、インターネットを介した銀行取引の提供は、ネットショッピングなどの他のインターネットによる通信販売と比較して早い時期に利用が拡がり始めた。また、現金の取扱いに既存の金融機関のATM店舗網を提携利用できることに着目して、インターネットから利用する仮想店舗を設け、自社による実店舗(窓口やATM)の営業を前提としないネット専業銀行が営業を始めた。一部の地方銀行・第二地方銀行は、コンビニATMと組み合わせることで、地盤となる実店舗設置地域のみならず全国に向けたサービスを展開している。

 

一方、口座の入出金を顧客自身の利用する端末上で確認できることから、無通帳の口座も各銀行で導入されている。通帳の省略は銀行における口座維持費用の低減につながり、普及推進のため様々な優遇措置が提供されている。

 

サービス名は「〇〇ダイレクト」という場合が多い。インターネットバンキング専用支店を設けている場合もある。サービス利用時に必要となるウェブブラウザについては、特定のウェブブラウザを推奨ブラウザとして指定していることが多いが、バージョンが古くセキュリティ上問題のあるウェブブラウザを推奨している場合もあるので注意が必要である。

 

セキュリティ技術の向上により、2003年ごろからは法人向けのインターネットバンキングを提供する銀行が現れた。通常の機能に加え、総合振込などのデータ転送、外国為替取引などの機能が加わっている。それまでアナログモデムで銀行のコンピュータに接続していたEBサービスだが、これと比べて利用料が安いため、しだいに利用者を増やしている。このような機能の違いから、多くの場合個人向けと法人向けの利用資格は明確に分けられており、個人でも事業性の口座では法人向けを利用することになる。

 

個人向けは全都市銀行と全地方銀行、全第二地方銀行と多くの信用金庫で行われている(四国銀行はこれまで照会機能しか持たなかったが、2006116日にようやくフルサービスを開始した。また最後まで未提供だった大正銀行も20066月に開始)。法人向けも導入が広まっており、最後まで「法人向けインターネットバンキング不毛地帯」であった香川県も、20075月から百十四銀行がサービスを開始したため、このような不名誉な称号を持つ都道府県は消滅した。(香川県が最後までこのようになってしまった事情については百十四銀行、香川銀行を参照)

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

楽天 カード



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/20 card]
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索