忍者ブログ
キャッシング情報ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

船長として総トン数3,000トン以上の船舶への3年以上の乗船経験があること。

一般的法規や操船技術に関する国家試験(一次試験)に合格すること。

一次試験合格後、水先人になろうとする水先区での実習を受けること。

その水先区に関する国家試験(二次試験)に合格すること。

合格者は、国土交通大臣より水先人免許が交付される。

水先人免許は5年ごとに更新しなくてはならない。

 

水先人の業務・分類

ベイパイロット(Bay PILOT

海峡や内海の水域を通って船舶を港の入口付近まで操縦する航行業務を行う。

ハーバーパイロット(Harbor PILOT

港の入口付近から港内の岸壁まで船舶を操縦する港内業務を行う。

かつては、水先艇による船舶の誘導を行い、水先人が直接乗船して案内をしないこともあり、「水先案内人」と呼ばれたこともあったが、現在この方法での誘導は行われておらず、水先人は直接船舶へ乗船し、水先人は船長に港や海峡、内海の情報が書かれた「水先情報カード」を手渡し、船長から水先人へ船舶の載荷状態,推進器・操船機器に関する情報などが書かれた「パイロットカード」を手渡すことで互いの意思疎通を図り、GPSなどの航海計器を適宜使用し、国際VHF無線で離着岸補助のタグボート、先導船や地上と連絡を取りながら船長を補助し、船舶を目的の場所まで安全に誘導することが業務である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

FXは確定申告が必要!

はじめてのヨガ&ピラティス

PR

かつて色盲と呼ばれたことから、「白黒に見える」ような誤解があるが、それは稀な全色盲の場合である。色覚異常の大多数を占める赤緑色覚異常ではその人にとっての自然な色彩を見ている。

 

色弁別能力(2つの色が同じか違うかを判別する能力)は、平均的には、正常者に劣る。しかし、このことが色覚異常の直接の原因ではない。軽い色覚異常者の色弁別能力はじゅうぶん正常範囲だし、逆に、色弁別能力が色覚異常者に劣る正常者もいるが、彼らは日常生活で不便も感じず、通常の色覚検査でも検出できない。

 

色覚異常が起こるのは、「特定の色ベクトル方向の」色弁別能が健常者に劣るためである。色覚異常の大多数を占める第1・第2異常では、青~黄方向の弁別能力は正常色覚と変わらないいっぽう、赤~緑方向の弁別能力だけが劣る(この方向は第1異常と第2異常では少し異なり、第3異常では大きく異なる)。このため、3つ以上の色のうちどれとどれが近いかという感覚が正常と異なり、ある種の色関係では、正常者にできる区別ができなくなる。ただしこれは、能力が劣っているというわけではなく、逆に、正常者にできない区別ができることもある。たとえば、仮性同色表の1種である石原表には、色覚異常者だけに読める文字がある。

 

きわめて単純化した例で言うと、ある色の背景の上に、わずかに青みがかった色と、わずかに赤みがかった色とで、2つの文字を重ねて書いたとする。青みと赤みの強さをうまく調整すれば、正常色覚者には赤みがかった文字が目立って見えるが、第1・第2色覚異常者には青みがかった文字が目立って見える(仮性同色表もこの原理を利用している)。しかし、どちらかの色覚が優れているということではない。

 

以下のような色の組み合わせは正常色覚者と色覚異常者で見分けやすさが異なり、同系色と誤認識するなど問題が生じることがある。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシックとは

非熱式脱毛

トランスフォーマー

実物資料を中心に扱う博物館、非定型的文書資料を中心に扱う公文書館とともに基礎的な蓄積型文化施設であり、出版物を中心に、比較的定型性の高い資料を蓄積するものである。

 

図書館資料は時代と共に拡大されており、20世紀後半からは、ビデオやCD等の視聴覚資料、又、印刷物ではない電子媒体として提供される資料が使える図書館が増えてきた。また、端末からインターネットで提供される資料が使える図書館もある。

 

図書館まで来られない人々の為に、車輛に本棚を載せ図書を収めた移動図書館を用意する自治体も多い。大都市部では、交通ターミナルの近くに公的な図書館、もしくは図書館分館を持っている所も出て来て、図書館サービスの形態が変わり始めている。

 

仕事や学校などがある人でも利用できるようにと土曜日、日曜日にも開いている図書館が多くそのかわりに月曜日を休館日にしている図書館が多い。祝日は地域や図書館によって異なる。

 

一般に、娯楽を目的とする図書館と学習や調べ物をする為の図書館とに分かれる。図書館の利用者層や蔵書形態も様々で、児童図書中心とした図書館や、漫画のみを扱ったまんが図書館、学生に学習室を開放したり、社会人に利用者層を絞った図書館、大学等に付随する学校図書館等がある。

 

図書館とは、明治中期に英語のlibraryから訳された訳語(和製漢語)。「図書館」は、地図(図版)の「図」、書籍の「書」を取って、図書とし、図書を保存する建物という意味であった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

魔法の図書館  ビリーズブートキャンプに入隊!





忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[10/20 card]
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索