忍者ブログ
キャッシング情報ブログ
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かつて色盲と呼ばれたことから、「白黒に見える」ような誤解があるが、それは稀な全色盲の場合である。色覚異常の大多数を占める赤緑色覚異常ではその人にとっての自然な色彩を見ている。

 

色弁別能力(2つの色が同じか違うかを判別する能力)は、平均的には、正常者に劣る。しかし、このことが色覚異常の直接の原因ではない。軽い色覚異常者の色弁別能力はじゅうぶん正常範囲だし、逆に、色弁別能力が色覚異常者に劣る正常者もいるが、彼らは日常生活で不便も感じず、通常の色覚検査でも検出できない。

 

色覚異常が起こるのは、「特定の色ベクトル方向の」色弁別能が健常者に劣るためである。色覚異常の大多数を占める第1・第2異常では、青~黄方向の弁別能力は正常色覚と変わらないいっぽう、赤~緑方向の弁別能力だけが劣る(この方向は第1異常と第2異常では少し異なり、第3異常では大きく異なる)。このため、3つ以上の色のうちどれとどれが近いかという感覚が正常と異なり、ある種の色関係では、正常者にできる区別ができなくなる。ただしこれは、能力が劣っているというわけではなく、逆に、正常者にできない区別ができることもある。たとえば、仮性同色表の1種である石原表には、色覚異常者だけに読める文字がある。

 

きわめて単純化した例で言うと、ある色の背景の上に、わずかに青みがかった色と、わずかに赤みがかった色とで、2つの文字を重ねて書いたとする。青みと赤みの強さをうまく調整すれば、正常色覚者には赤みがかった文字が目立って見えるが、第1・第2色覚異常者には青みがかった文字が目立って見える(仮性同色表もこの原理を利用している)。しかし、どちらかの色覚が優れているということではない。

 

以下のような色の組み合わせは正常色覚者と色覚異常者で見分けやすさが異なり、同系色と誤認識するなど問題が生じることがある。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシックとは

非熱式脱毛

トランスフォーマー

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/20 card]
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索