忍者ブログ
キャッシング情報ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音訳

日本語の場合は外国固有名詞の表記は原則としてカタカナによる音訳であるが、中国語では漢字による音訳つまり表音表記が原則である。「挪威」(ノルウェー)、「蘇格蘭」(スコットランド)、「斯大林」、「史達林」(スターリン)など。これらの文字はその場その場で適当に表記するのではなく、用いる漢字がほぼ決まっている。中華人民共和国の大陸地域においては、人名など、新語の場合、新華社通信の表記に従う例が多い。「可口可樂」(コカコーラ)などの商標は、各企業が字義の好ましいものや商品イメージに近い漢字を定めて使用することが多い。

 

「美国」、「法国」、「徳国」のように音訳の短縮形を用いることがある。「美国」は「美利堅」、「法国」は「法蘭西」、「徳国」は「徳意志」の最初の字を取ったものである。同じことは日本語でも行われるが、表記文字が異なるので注意が必要である。日本ではそれぞれ米国、仏国、独国となり、中国語と異なるものが多いが、これらは、かつて中国で使用されていた形が現在の中国語での形に変えられて使用されなくなり、日本語に残存したものが多い。

 

 

意訳

日本語には表音文字の仮名があるため、外国固有名詞を意訳することはあまり多くないが(後述の「真珠湾」のほか、「金門橋」など少数例のみ)、表音表記が面倒な中国語では、意訳をする例が意外と多い。たとえばドイツのフォルクスワーゲン社は「大衆汽車公司」、米国のジェネラルモーターズ社は「通用汽車公司」と訳される。日本語ではなじみの薄い方法なので、漢字を見た日本人は戸惑いやすい。なお、日本語ではパールハーバーを「真珠湾」と意訳するが、中国語では「珍珠港」と意訳する。ただし真珠については日中間での用字の違いにすぎない。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

中国語 翻訳

中国語 見積もり

PR

チームガイスト(+Teamgeist™)はアディダス製のサッカーボールで、2006 FIFAワールドカップの大会公式試合球である。この他にアディダス社がエクイップメントを提供しているリーグやクラブにおいても使用されている。正式には「プラス チームガイスト」という。

 

ガイスト(geist)とはドイツ語で、精神を表し、英語ではspiritに対応する。即ち、teamgeistを英語に訳すると、Team sprit(チームスピリット)に相応し、これは日本語でも外来語として取り入れられているものに相応する。

 

本大会の組み合わせ抽選会が行われたライプツィヒで全世界に向けて初めて公開された。

 

実際にはチームガストに日本から参画したモルテンから提供された技術が使用され製品もモルテンからアディダスへOEM供給されている。

 

また、アディダスがユニフォームを提供しているドイツ、アルゼンチン、フランス、スペイン、日本、トリニダード・トバゴのドイツ大会用のユニフォームの左袖には、チームガイストのロゴがプリントされている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

アディダス

外国為替証拠金取引では、つねに何らかの通貨を売り、何らかの通貨を買う、という取引をする。これは最初は理解しにくいが、我々が通常日本円でバナナを買うときは、実際にはバナナを買って円を売っているわけである。これと同様に、日本円を売って米ドルを買う、米ドルを買ってユーロを売る、というような取引をしている。

 

このように、「買い」の方の通貨をロング、「売り」の方の通貨をショート、と呼ぶ。上記の例では順に、ドルロング円ショート(またはドル円ロング)、ユーロショートドルロング(またはユーロドルショート)という言い方になる。また、通貨のペアはUSD/JPYEUR/JPYEUR/USDなどと表記が決まっているので、ドル円ロングといえば円はショートされている。同様にユーロドルショートと言えば、ドルはロングされている。ただし同じ取引を、円ドルショート、ドルユーロロングなどという言い方は慣例としてしない。

 

外国為替証拠金取引では無いが、基本原理の理解の為にレバレッジ取引の例を示す。

 

例:

 

レバレッジ20倍の時、5000ドル相当の円を証拠金として預託すると、5000ドル×20=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%

 

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になってしまったとする。 このときの収支は、

 

1ドルあたり115-120=-5円であるから、10万ドルでは50万円の損失である。

また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。

初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。

実際には、途中でマージンコールの発生により追加証拠金の差し入れ(追証)を求められることがある。

上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は50万円の利益となる。 つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

経営用語

経営用語集

VISA Electron

VISA Electron(ビザ・エレクトロン)は、VISAによる海外デビットカードサービスである。日本ではスルガ銀行からキャッシュカード一体型VISAデビットカード(Electron機能も装備)が登場おり、2007年にはイーバンク銀行もイーバンクマネーカードの名称で発行予定。イオン総合金融準備にも同様の機能のカードをイオンクレジットサービスとの提携で発行する計画がある。

 

従来から郵貯ジョイントカードの郵貯チェックカード≪セゾン≫(クレディセゾン発行)で「≪セゾン≫郵貯グローバルサービス」によってVISA Electronや国際キャッシュカードとしての利用が可能である(後項参照のこと)

 

VISA Electronを発行する日本の金融機関・企業等

 

イーバンク銀行

イーバンクマネーカード

2007616日発行受付開始(ただし、新規口座開設と同時申込は723日より)、723日以降に順次発行、利用開始予定 (イーバンク銀行 よくあるご質問)

 

スルガ銀行

SURUGA VISAデビットカード

また、エイチ・アイ・エスとの提携カード、「ワールド・キャビット」を2007320日に発行開始(参照リンク)。

 

2007615日からは、近畿日本ツーリストと提携し、「KNTトラベルキャッシュ」を発行開始(参照リンク)。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

シティカード
シティカードジャパン
ニュースを追え

日本国では1980年代末期によく知られるようになったが、原型となるビジネスモデルは1970年代から存在する。主にガソリンスタンドの休憩室、健康ランド・スーパー銭湯・フィットネスクラブの休憩・飲食スペースに設けられ、1回あたり100円~200円程度の料金を支払うことにより、10分間程度吸引用の酸素が与えられる。 利用者は備え付けの機材に付いているマスクを鼻に近づけ、マスクから放出される酸素をゆっくりとした呼吸で吸引する。

 

主な作用として、疲労や集中力の回復、眠気の除去がうたわれているが、それを裏付ける科学的な検証は十分行われていない。

 

また、施設によっては芳香剤で酸素に香りづけしてアロマセラピー効果を謳うところもある。芳香剤として精油(「天然オイル」などとも)を用いる場合があるが、アメリカ食品医薬品局は油分の肺への吸入はリポイド肺炎の原因やアレルゲンとなる可能性があるとしており[1][2]、注意が必要である。

 

利用に際しては、いっさいの火気を近づけてはならない。ゆるやかに燃焼するタバコでさえ、通常の空気に比べ多量の酸素が含まれる環境では、激しく燃焼する危険性が高い。利用者本人がタバコを消すのはもちろんのこと、周囲においても火気厳禁である。

 

近年では家庭用酸素濃縮器が電気店で市販されるようになり、自宅でも気軽に酸素吸入が行えるようになった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

男性 健康



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/20 card]
[03/23 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索